内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

つれづれ

カールスルーエ工科大学

ドイツのカールスルーエに行ってきました*1。 ここにあるカールスルーエ工科大学(KIT / Karlsruher Institut für Technologie)は、ドイツ最古の工業大学で、工学系ではドイツいちとの評価があるらしい。その名門カールスルーエ工科大学(KIT)の見学ツアー…

プラハ土産:マリオネット

プラハに行ったら買いたいと思っていたお土産が、マリオネット。そして、できれば作家さんが作ったものが欲しいと思っていたので、こちらのお店、Shop AMI puppets に伺いました。 www.loutky.cz 店内はこのような感じです。 写真はお店のウェブサイトからお…

カレル橋&大道芸

プラハの名所のひとつであるカレル橋 (Karlův most)。旧市街地と(プラハ城)城下町に横たわるヴルタヴァ川(モルダウ川)結ぶ、15世紀にできた橋です。宿泊したホテルが両方とも城下町側だったので、滞在中に何回も渡りました。 カレル橋から眺める景色は絶…

国立マリオネット劇場

プラハでのオペラ3日連続鑑賞の最終日は、マリオネットでの「ドン・ジョバンニ」。 National Marionette Theatre – About Us チェコといえばマリオネット。マリオネットでオペラを演じるのはどんなものか、と興味津々で国立マリオネット劇場へ。 この劇場は…

ヴルトボヴスカー庭園 (Vrtba Garden; Vrtbovská zahrada)

プラハに宿泊した二つ目のホテルが、Aria Hotel。こちらは、数あるプラハの庭園の中でも最も美しいと言われている(らしい)ヴルトボフスカー庭園(Vrtba Garden; Vrtbovská zahrada)に直結しているのも特徴。宿泊客は無料で入ることができます(夏期のみ)。…

チェコ国立博物館

プラハのヴァーツラフ広場といえば、プラハの春やビロード革命の舞台となった場所。そのヴァーツラフ広場の端に、国立博物館があります。 この国立博物館、チェコ最大の総合博物館で、本館は19世紀末に建造されたルネサンス様式の建築物で国の文化財にも指定…

プラハ土産:ボヘミアンガーネット

相変わらず異国に行くと、散在してしまうのですが。今回、ボヘミアンガーネットのアクセサリーも入手。どうやら、チェコで採掘されるガーネットは良質らしく、さらにガーネットの細工技術は、ボヘミアングラスにも継承されたとか。 ボヘミアンガーネットは16…

オペラ観劇:「フィガロの結婚」@エステート劇場

プラハのオペラ観劇2日目。今日は、スタヴォスフケー劇場(エステート劇場, Stavovské deivadilo; Estates Theatre)で「フィガロの結婚」です。 この劇場はとにかくW. A. モーツァルトとの関わりが深く、当時ウィーンではそれほど評判が高くなかった「フィ…

オペラ観劇:「売られた花嫁」@プラハ国民劇場

プラハはオペラのチケットがお得です。いちばん良い席でも、日本円で5,000円強。これは行かねば損! ということで、二晩続けてオペラを観に行くことにしました。 一日目は、国民劇場でスメタナの「売られた花嫁」を。 なんとも壮麗な劇場で、ため息が出てし…

レストラン " Terasa U Zlaté studně"

プラハで最初に宿泊したホテル Golden Well Hotel にあるレストラン Terasa U Zlaté studně でディナー。 Home | Terasa U Zlaté studně このホテル自体がプラハ城のすぐ近くにあるため、このレストランの眺めは最高。風景も美味しさを構成するひとつですね…

ストラホフ修道院・図書室

よく世界美しい図書館ランキングとかに選ばれる、プラハ・ストラホフ修道院にあるストラホフ図書室へ。修道院自体は12世紀に作られたのもので、現在も現役の修道院として使われています。図書室はそれよりあとの時代に作られたもの(とはいえ18世紀)。美し…

プラハ滞在ホテル "Golden Well Hotel"

プラハで滞在した一つ目のホテルはこちら。 www.goldenwell.cz プラハ城近くの閑静な場所にある、"Golden Well" ホテルです。こちらはルドルフ2世の隠れ家として使われていて、のちに天文学者、ティコ・ブラーエに下賜されたというお屋敷を改築して作られた…

プラハへの旅

1週間ほどチェコ・プラハへ旅してきました。完全なプライベートです。前々から行きたいと思っていた都市のひとつでした。 上は、カレル橋の入り口の塔(マラー・ストラナ橋塔)。 プラハは「おとぎの国のよう」とよく表現されますが、まさにその言葉の通り。…

ビブリオバトルでの拙著『恋する天才科学者』

先日出版した 面白すぎる天才科学者たち 世界を変えた偉人たちの生き様 (講談社+α文庫) 作者: 内田麻理香 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/03/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る の元本である 恋する天才科学者 作者: 内田麻理香 …

メインWebサイトのURL変更

今まで、ウェブサイトのURLはwww.kasoken.comでしたが、サーバーを引越し、URLも変更しました。 http://www.marikauchida.com/ どうか今後はこちらでお願いします。 marikauchida.com ・今まではXreaで使っていたMovableTypeを使っていたのですが、1年くらい…

『広辞苑第六版』アプリ

先日、岩波書店の「図書」の『広辞苑』特集で寄稿させて頂きましたが kasoken.hatenablog.jp そのあと、iPhone用のアプリも買いました。決して安くはありませんが、ここまで使い勝手が良いとは。 広辞苑第六版【岩波書店】(ONESWING) - Keisokugiken Corpora…

note、書いてます

note.mu どんなプラットフォームだろう、と思って書き始めました。 note.mu こちら200円。 note.mu こちら500円。 正直、値段つけるほどでもなかったかなー(特に「よしなごと」の方。読み放題だとしても高すぎるわ。もっとプライベートを晒せばいいのだけど…

批判する書評の条件とは?

先日、毎日新聞の書評員の「書評パーティ」に行ってきた。あの方も、この方も! でテンション上がる。ただ、前回行ったときは、書評員になったばかりで場違いで小さくなっていたのですが、3年目ともなると、自分の書いた書評を読んで下さり、名前を覚えて下…

お花見

仙台のお花見の名所、榴岡公園で簡単なお花見。ここの公園は色々な種類の桜があるので、満開のもあれば、まだまだこれから…というものも多い。それでも見事でした。三脚持って写真撮っている人も結構いて。 ブルーシートで番をしている人がたくさんいたから…

『芸術新潮』1月号:江口寿史&ボッティチェッリ特集

芸術新潮 2016年 01 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/12/25 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (4件) を見る 1月号の『芸術新潮』は、第1特集が江口寿史、第2特集がボッティチェリだ。現代の日本の美人画(美少女画)と、ルネッサンス…

浦沢直樹展「描いて描いて描きまくる」

世田谷文学館で開催されている、浦沢直樹展「描いて描いて描きまくる」をみてきました。 マンガ家の個展はそこそこ増えているとはいえ(過去に他のマンガ家の展覧会も観てきた)、浦沢氏のような圧倒的な原稿の物量で「魅せる」展覧会は初めてです。 浦沢氏…

世田谷文学館イベント『ひとり漫勉』:浦沢直樹

世田谷文学館に行くために上京したのは、浦沢直樹氏ご本人が登場する『ひとり漫勉』の企画に応募したら、当選したからでした(そうでなくても行くつもりでしたが)。 ラッキーです。最近、浦沢氏はNHKで www.nhk.or.jp という番組を制作したり、今回の個展を…

「ボッティチェッリ展」東京都美術館

現在、展示中の東京都美術館の「ボッティチェリ展」に行ってきました。 www.tobikan.jp 2-3 年前、初めてウフィッツィ美術館で「春(プリマヴェーラ)」と「ヴィーナス誕生」の煌びやかさを見て驚きました。教科書にも載っている絵なので、皆さんご存じでし…

眼窩底骨折と手術

まったくもってみっともないお話ですが、どなたかのお役に立てるかな、と。 11月22日夜半(STS学会の発表が終わって調子にのった)、飲んでタクシーで帰ったあと、タクシーから家に戻る短い距離で転倒しました。コンクリートの地面に顔から。 転ぶのはいつも…

日本料理「e.(イーピリオド)」再々訪

次の日から学会「科学技術社会論学会(STS学会)」があるとのことで、前日入りしている方々にぜひ食していただきたい! といま、一番仙台でおすすめの「e.(イーピリオド)」さんにお邪魔しました。総勢6人。 開店が今年の1月。お店の存在に気がついてから、…

トラットリア アッカディ(フィレンツェ)

4travel.jp フィレンツェ初日に懇親会としてご相伴にあずかったレストランがこちら。おいしかったです。ただし。量が日本人にはたぶん厳しい(自分が到着直後だったかもしれません)。 このお肉とかね。 このほうれん草のニョッキとか、ポルチーニのリゾット…

Oudaen(ユトレヒト)

ユトレヒトで、外食する日が残り一日、という日に行ったお店です。 Oudaen - homepage 元、お城。店内も素敵でしたが、地元の方々がカジュアルに使っているのも良い感じ。 ムール貝山盛り(これで1人分)です。ムール貝はお隣の美食の国、ベルギーで有名らし…

オランダのミントティー

オランダにいて、ミントティーを飲む妙に目立つなとは思ったのですが。リーフをどっさり入れたお茶を飲む方が多かったんです。滞在中の後半で私も真似して飲むことにしました。 滞在先の朝食の場でも、ミントの葉がどっさり置かれていて。そのミントの葉から…

ゴッホ美術館(アムステルダム)

滞在はユトレヒトだったのですが、アムステルダムに行った間隙に、ゴッホ美術館に行ってきました。 www.vangoghmuseum.nl 宮城県立美術館でも、ゴッホの一部の展覧会をしていましたが、これだけゴッホの作品を見ることができたのは貴重な機会でした。年代を…

オルゴール博物館(ユトレヒト)

宿泊したホテルの近くにあった、ユトレヒトにあるオルゴール博物館、たいへん面白かった。この手の博物館は大好きです。 www.museumspeelklok.nl ユトレヒト大の先生たちが「あれはいい」と絶賛されていたのもわかる。教会を改装して作った博物館(フレスコ…