内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

『100年後の世界』(化学同人)刊行記念トークセッション・登壇

鈴木貴之氏『100年後の世界』刊行記念のトークセッションで、お相手をつとめさせていただきました。 www.kagakudojin.co.jp 鈴木先生の所属は総合文化研究科。(案内文の肩書きは学部と大学院で違っていましたが)私と同じ職場の先生でもあります。科学哲学…

寄稿『通信文化協会』74号

通信文化74号 通信文化協会の会報誌『通信文化』74号(2018年5月号)の巻頭言で「コミュニティをつくるコミュニケーション」と題して、南方熊楠が作ってきたプロ、アマを問わないさまざまな科学コミュニティについての拙文を寄稿しました。お手に取る機会が…

毎日新聞・書評寄稿『明治の技術官僚:近代日本をつくった長州五傑』

毎日新聞の「今週の本棚」欄に、書評を寄稿しています。 mainichi.jp 明治の技術官僚 - 近代日本をつくった長州五傑 (中公新書 2483) 作者: 柏原宏紀 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/04/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る …

毎日新聞・雑誌評寄稿『ナショナルジオグラフィック』

04/15の毎日新聞に、マガジン評を寄稿しています。「ナショナルジオグラフィック日本版」4月号、特集は「超監視時代」です。 ナショナル ジオグラフィック日本版 2018年4月号 [雑誌] 作者: ナショナルジオグラフィック編集部 出版社/メーカー: 日経ナショナ…

放送大学・集中講義

14日(土)、15日(日)は、放送大学の面接授業(集中講義)で非常勤講師のお仕事でした。場所は東北大学の金属材料研究所内にある、宮城学習センター。「民主主義社会における科学」という科目で、私は科学コミュニケーションに関わる部分を担当しました。 …

東京大学の特任講師になりました

4月1日付で、東京大学大学院 総合文化研究科 教養学部附属教養教育高度化機構 科学技術インタープリター部門の特任講師に着任しました。科学技術インタープリター養成部門は、東京大学の大学院生向けの副専攻プログラムで、科学と社会の架け橋となる人材を育…

信濃毎日新聞の書評委員になりました

毎日新聞に続き、今年度から、信濃毎日新聞の書評委員になりました。毎日新聞と信濃毎日新聞は別会社なんですよね、お恥ずかしながらこのお仕事を引き受けるときに知りました。書評が持つ可能性を探って、世の中のお役に立てるようにしたいです。今後ともど…

毎日新聞・書評『高機能アルコール依存症を理解する』/『自分を傷つけてしまう人のためのレスキューガイド』

本日の毎日新聞の「今週の本棚」で、大書評(通常より文字数が多い)を寄稿しました。 mainichi.jp 2冊、書評しました。ひとつめは 高機能アルコール依存症を理解する ーお酒で人生を棒に振る有能な人たち 作者: セイラ・アレン・ベントン,水澤都加佐,伊藤真…

「新書大賞2018」審査員

www.chuko.co.jp 審査員をつとめた「新書大賞2018」の私の選評が「中央公論」3月号に掲載されています。 中央公論 2018年 03 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/02/09 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) を見る 私が選ばせて…

「化学コミュニケーション賞 2017」審査員

www.jucst.org 審査員をつとめた「化学コミュニケーション賞 2017」の受賞が発表になりました。「蔵前理科教室ふしぎ不思議(くらりか)」様、田中陵二様、藤田賢一様、「JAIMAサマーサイエンススクール実行委員会」様、おめでとうございます。

毎日新聞『科学の不定性と社会』書評寄稿

今週の本棚:内田麻理香・評 『科学の不定性と社会--現代の科学リテラシー』=本堂毅、平田光司、尾内隆之、中島貴子・他編著 - 毎日新聞 毎日新聞の「今週の本棚」に『科学の不定性と社会』の書評を寄稿しています。科学的知識ではなく、科学についての知…

TBS『ミルリッチ』出演

1月6日14時〜TBSのお正月番組『ミルリッチ』に出演しました。女優、細川直美さんの作る肉じゃがを科学的視点からチェックするという(意地悪な)役割です。

毎日新聞:雑誌評『世界』 1月号 寄稿

毎日新聞の「今週の本棚」欄、岩波書店『世界』1月号のマガジン評を寄稿しました。 世界 2018年 01 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/12/08 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (3件) を見る 特集2が「性暴力と日本社会」です。

毎日新聞「2017 この3冊」書評寄稿

毎日新聞の「今週の本棚」の年末恒例、「2017 この3冊」で書評を寄稿しています。軍事研究絡みで『戦争がつくった現代の食卓』アナスタシア・マークス・デ・サルセド 著、『戦争と農業』藤原辰史著、『ペンタゴンの頭脳』アニー・ジェイコブセン著の3冊の書…

共同通信配信「今年の収穫」書評寄稿

共同通信配信の「今年の収穫」で3冊の本の寄稿をしています。『ドラッグと分断社会アメリカ』C.ハート著・早川書房、『男が痴漢になる理由』斉藤章佳著・イーストプレス、『私の中のわたしたち』O.R.トゥルヒーヨ著・国書刊行会の3冊で依存症〜性暴力の流れ…

中公新書創刊55周年「わたしの好きな3冊」

中公新書が創刊55周年を記念して、フリーペーパーが書店等で配布されています。その中に、私が寄稿した「私の好きな中公新書3冊」も掲載されています。 www.chuko.co.jp ウェブで掲載されたものと同じになりますが、見かけることがありましたらぜひお読み下…

毎日新聞『共依存の倫理』書評寄稿

今週の本棚:内田麻理香・評 『共依存の倫理-必要とされることを渇望する人びと』=小西真理子・著 - 毎日新聞 本日の毎日新聞に書評を寄稿しています。著者は分離を促す現状の回復論には個人主義などの倫理観が背景にあるといい、分離だけではない回復の道…

2017年「民間放送連盟賞」テレビ教養部門・審査員

www.j-ba.or.jp 2017年度の民間放送連盟賞のテレビ教養部門の審査員をつとめました。最優秀賞は広島テレビ放送の「NNNドキュメント’16 知られざる被爆米兵~ヒロシマの墓標は語る」、日本でも米国でもほとんど知られていない被曝米兵に焦点をあてた作品…

今週の本棚『男が痴漢になる理由』書評寄稿

今週の本棚・新刊:『男が痴漢になる理由』=斉藤章佳・著 - 毎日新聞 毎日新聞の「今週の本棚」に、書評(短評)を寄稿しています。 男が痴漢になる理由 作者: 斉藤章佳 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2017/08/18 メディア: 単行本(ソフトカ…

『科学を伝え、社会とつなぐ:サイエンスコミュニケーションのはじめかた』国立科学博物館編(丸善出版)

ご恵贈御礼。日本国内の、最新のサイエンスコミュニケーションの入門書に相当するでしょうか。 科学を伝え、社会とつなぐ サイエンスコミュニケーションのはじめかた 作者: 独立行政法人国立科学博物館 出版社/メーカー: 丸善出版 発売日: 2017/09/29 メディ…

毎日新聞『魅了されたニューロン:脳と音楽をめぐる対話』書評寄稿

毎日新聞の「今週の本棚」欄に、書評を寄稿しています。 今週の本棚:内田麻理香・評 『魅了されたニューロン…』=P・ブーレーズ、J=P・シャンジュー、P・マヌリ著 - 毎日新聞 現代作曲家であり指揮者のブーレーズ、神経科学者のシャンジュー、作曲家の…

日本経済新聞『ラボ・ガール』書評寄稿

日本経済新聞に書評を寄稿しています。 www.nikkei.com 対象本はこちらです。 ラボ・ガール 植物と研究を愛した女性科学者の物語 作者: Hope Jahren,小坂恵理 出版社/メーカー: 化学同人 発売日: 2017/07/30 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含…

毎日新聞『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』寄稿

毎日新聞に書評を寄稿しています。 今週の本棚:内田麻理香・評 『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』 川添愛・著、花松あゆみ・絵 - 毎日新聞 働きたくないイタチと言葉がわかるロボット 人工知能から考える「人と言葉」 作者: 川添愛,花松あゆみ …

毎日新聞『ユリイカ』7月号 雑誌評

毎日新聞に『ユリイカ』2017年7月号のマガジン評を寄稿しています。 ユリイカ 2017年7月号 特集=加藤一二三 ―棋士という人生― 作者: 加藤一二三,羽生善治,森内俊之,佐藤康光,先崎学,糸谷哲郎 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2017/06/26 メディア: ムック …

『中央公論』8月号 掲載

『中央公論』8月号の特集「日本語は生き残るか」の「英語を勉強しなくてもいい時代がやってくる?」、隅田英一郎氏の聞き手をつとめました。 中央公論 2017年 08 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2017/07/10 メディア: 雑誌 この商品を含…

毎日新聞『星界の報告』書評

毎日新聞の「今週の本棚」欄に、ガリレオ・ガリレイの『星界の報告』の書評を寄稿しています。 今週の本棚:内田麻理香・評 『星界の報告』=ガリレオ・ガリレイ著 毎日新聞 星界の報告 (講談社学術文庫) 作者: ガリレオ・ガリレイ,伊藤和行 出版社/メーカー…

母校、渋谷教育学園幕張で講演会

母校、渋谷幕張の保護者向け講演会のお仕事でした。このような機会に呼んで頂くのはありがたいことです。講演のタイトルは「『自調自考』の学びから、学びを伝える仕事へ」。渋幕の「自調自考」の教えは、様々なメディアで伝えられているかと思いますが、中…

日本経済新聞に書評を寄稿『人はこうして「食べる」を学ぶ』

人はこうして「食べる」を学ぶ 作者: ビー・ウィルソン,堤理華 出版社/メーカー: 原書房 発売日: 2017/03/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 5月20日の日経新聞に『人はこうして「食べる」を学ぶ」の書評を寄稿しています。 www.nikkei.com フ…

オレンジページ「暮らしのトリビア劇場」監修

オレンジページ6月2日号の「暮らしのトリビア劇場」のコーナーで監修をしています。 オレンジページ 2017年 6/2号 [雑誌] 出版社/メーカー: オレンジページ 発売日: 2017/05/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 箱入りお嬢様、麗子さまがイケ…

朝日放送『ビーバップ! ハイヒール』「身近に潜む 知って得する化学反応」出演

朝日放送 | ビーバップ!ハイヒール 「身近に潜む 知って得する化学反応」 朝日放送の『ビーバップ! ハイヒール』に出演しました。テーマは「身近に潜む 知って得する化学反応」です。 身近な現象が、実は化学反応で成り立っていること、その意外性と面白さ…