読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

毎日新聞「今週の本棚」『フンボルトの冒険』寄稿 

本日の毎日新聞に大書評(いつもより文字数が多い)を寄稿しています。 今週の本棚:内田麻理香・評 『フンボルトの冒険-自然という<生命の網>の発明』=アンドレア・ウルフ著 - 毎日新聞 対象本はこちらです。 フンボルトの冒険―自然という<生命の網>の…

『くらしとからだ』no.91「有名人とっておき健康法」インタビュー掲載

テーミスが発行する季刊誌『くらしとからだ』No. 91の「有名人とっておき健康法」にインタビュー記事が掲載されています。 健康の話をしているつもりが、自分の引きこもり体質、運動不足を暴露したものになってしまいました。もっと、身体のメンテナンスに気…

ANAの企業内研修で講師

ANA(全日本空輸)の企業内研修の講師をしました。 カテゴリーが「リベラルアーツ」、「グローバル教養力」というお題でお願いします、とのことだったので、どうなるかと思いましたが。ノルマでもないはずの、この内容で、70名以上の受講者の方々がいらっし…

毎日新聞「今週の本棚」マガジン評『ケトル VOL.34』Eテレ特集・寄稿

本日の毎日新聞の『今週の本棚』欄で、マガジン評を寄稿しています。「ケトル VoL.34」の「攻めてる」Eテレ特集です。わくわくする特集なのでぜひ。書店には既にないかもしれませんが、電子版では購入できます。 #book #magazine #review #bookreview #雑誌 …

毎日新聞:今週の本棚『世界一美しい数学塗り絵』書評寄稿

12月18日(日)の毎日新聞に、『世界一美しい数学塗り絵』の書評が掲載されています。 今週の本棚:内田麻理香・評 『世界一美しい数学塗り絵』=アレックス・ベロス、エドマンド・ハリス著 - 毎日新聞 対象本はこちらです。 世界一美しい数学塗り絵-宇宙の紋…

毎日新聞「今週の本棚」『2016 この3冊』 

www.instagram.com 平成28年12月11日(日)の毎日新聞に、書評員が「今年の3冊」を選ぶ恒例の企画に寄稿しました。今回は、どこの書評にも寄稿できなかった本(タイミングが合わず……などの理由で)を3冊選ばせて頂きました。 有名人の違法薬物使用に関するニュ…

科学技術社会論・柿内賢信記念賞(実践賞)受賞

2016年度の科学技術社会論・柿内賢信記念賞(実践賞)を受賞しました。この柿内賢信記念賞は、「科学・技術と社会の問題」に関する研究・実践的活動を行う個人に贈られるもので、科学技術社会論学会が毎年選考・表彰するものです。 2016年度の受賞者は、 特…

毎日新聞「今週の本棚」書評寄稿『夢みる教養:文系女性のための知的生き方史』

11月6日の毎日新聞の書評欄に、書評(短評)を寄稿しました。対象本はこちらです。 夢みる教養:文系女性のための知的生き方史 (河出ブックス) 作者: 小平麻衣子 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/09/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商…

Eテレ『すイエんサー』シリーズ・DVD-BOX

Eテレの『すイエんサー』シリーズのDVD-BOXのご紹介&宣伝。頂戴したのがかなり前なのに、今さらになってしまって申し訳ないです、関係者の皆様。自分が出演した映像を見るのは、気恥ずかしくて、反省だらけで、なるべく避けたい……と思っていたのですが、時…

毎日新聞「今週の本棚」『こども服の歴史』書評寄稿

本日の毎日新聞に書評を寄稿しています。大書評(通常より文字数が多い)です。 今週の本棚:内田麻理香・評 『こども服の歴史』=エリザベス・ユウィング著「大人服をも自由にしたこどもと衣服」 対象本はこちら。 こども服の歴史 作者: エリザベス・ユウィ…

カールスルーエ工科大学

ドイツのカールスルーエに行ってきました*1。 ここにあるカールスルーエ工科大学(KIT / Karlsruher Institut für Technologie)は、ドイツ最古の工業大学で、工学系ではドイツいちとの評価があるらしい。その名門カールスルーエ工科大学(KIT)の見学ツアー…

プラハ土産:マリオネット

プラハに行ったら買いたいと思っていたお土産が、マリオネット。そして、できれば作家さんが作ったものが欲しいと思っていたので、こちらのお店、Shop AMI puppets に伺いました。 www.loutky.cz 店内はこのような感じです。 写真はお店のウェブサイトからお…

日本経済新聞:書評寄稿『ヒトはどこまで進化するのか』

本日の日本経済新聞の朝刊に、書評が掲載されています。 style.nikkei.com 対象本はこちらです。 ヒトはどこまで進化するのか 作者: エドワード・O・ウィルソン,小林由香利 出版社/メーカー: 亜紀書房 発売日: 2016/06/28 メディア: 単行本 この商品を含むブ…

日本民間放送連盟賞/2016年(平成28年)入選作品:発表

日本放送連盟賞(2016年)の入選作品が発表になりました。 表彰番組・事績 | 一般社団法人 日本民間放送連盟 私は引き続き、テレビ教養部門の審査員を務めさせていただきました。最優秀作品、優秀作品は以下の作品です。 最優秀『ノンフィクションW 撮影監…

『オレンジページ』2016/10/2号「暮らしのトリビア劇場」監修

雑誌『オレンジページ』2016年10月2日号のコーナー、「あななたち、まだ知らなくって!? 暮らしのトリビア劇場」で、監修という形で協力させて頂きました。 【ライト版】オレンジページ 2016年 10/2号 [雑誌] 出版社/メーカー: オレンジページ 発売日: 2016…

カレル橋&大道芸

プラハの名所のひとつであるカレル橋 (Karlův most)。旧市街地と(プラハ城)城下町に横たわるヴルタヴァ川(モルダウ川)結ぶ、15世紀にできた橋です。宿泊したホテルが両方とも城下町側だったので、滞在中に何回も渡りました。 カレル橋から眺める景色は絶…

国立マリオネット劇場

プラハでのオペラ3日連続鑑賞の最終日は、マリオネットでの「ドン・ジョバンニ」。 National Marionette Theatre – About Us チェコといえばマリオネット。マリオネットでオペラを演じるのはどんなものか、と興味津々で国立マリオネット劇場へ。 この劇場は…

ヴルトボヴスカー庭園 (Vrtba Garden; Vrtbovská zahrada)

プラハに宿泊した二つ目のホテルが、Aria Hotel。こちらは、数あるプラハの庭園の中でも最も美しいと言われている(らしい)ヴルトボフスカー庭園(Vrtba Garden; Vrtbovská zahrada)に直結しているのも特徴。宿泊客は無料で入ることができます(夏期のみ)。…

チェコ国立博物館

プラハのヴァーツラフ広場といえば、プラハの春やビロード革命の舞台となった場所。そのヴァーツラフ広場の端に、国立博物館があります。 この国立博物館、チェコ最大の総合博物館で、本館は19世紀末に建造されたルネサンス様式の建築物で国の文化財にも指定…

オペラ観劇:「フィガロの結婚」@エステート劇場

プラハのオペラ観劇2日目。今日は、スタヴォスフケー劇場(エステート劇場, Stavovské deivadilo; Estates Theatre)で「フィガロの結婚」です。 この劇場はとにかくW. A. モーツァルトとの関わりが深く、当時ウィーンではそれほど評判が高くなかった「フィ…

プラハ土産:ボヘミアンガーネット

相変わらず異国に行くと、散在してしまうのですが。今回、ボヘミアンガーネットのアクセサリーも入手。どうやら、チェコで採掘されるガーネットは良質らしく、さらにガーネットの細工技術は、ボヘミアングラスにも継承されたとか。 ボヘミアンガーネットは16…

オペラ観劇:「売られた花嫁」@プラハ国民劇場

プラハはオペラのチケットがお得です。いちばん良い席でも、日本円で5,000円強。これは行かねば損! ということで、二晩続けてオペラを観に行くことにしました。 一日目は、国民劇場でスメタナの「売られた花嫁」を。 なんとも壮麗な劇場で、ため息が出てし…

レストラン " Terasa U Zlaté studně"

プラハで最初に宿泊したホテル Golden Well Hotel にあるレストラン Terasa U Zlaté studně でディナー。 Home | Terasa U Zlaté studně このホテル自体がプラハ城のすぐ近くにあるため、このレストランの眺めは最高。風景も美味しさを構成するひとつですね…

ストラホフ修道院・図書室

よく世界美しい図書館ランキングとかに選ばれる、プラハ・ストラホフ修道院にあるストラホフ図書室へ。修道院自体は12世紀に作られたのもので、現在も現役の修道院として使われています。図書室はそれよりあとの時代に作られたもの(とはいえ18世紀)。美し…

プラハ滞在ホテル "Golden Well Hotel"

プラハで滞在した一つ目のホテルはこちら。 www.goldenwell.cz プラハ城近くの閑静な場所にある、"Golden Well" ホテルです。こちらはルドルフ2世の隠れ家として使われていて、のちに天文学者、ティコ・ブラーエに下賜されたというお屋敷を改築して作られた…

プラハへの旅

1週間ほどチェコ・プラハへ旅してきました。完全なプライベートです。前々から行きたいと思っていた都市のひとつでした。 上は、カレル橋の入り口の塔(マラー・ストラナ橋塔)。 プラハは「おとぎの国のよう」とよく表現されますが、まさにその言葉の通り。…

毎日新聞「今週の本棚」書評掲載『近代科学のリロケーション』

本日の毎日新聞に書評掲載です。 今週の本棚:内田麻理香・評 『近代科学のリロケーション −南アジアとヨーロッパにおける知の循環と構築』=カピル・ラジ著 対象本はこちら。 近代科学のリロケーション―南アジアとヨーロッパにおける知の循環と構築― 作者: …

「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2016」特別講演・コーディネータ

11月2日(水)に東京国際フォーラムで開催される、NEC主催の「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2016」の特別講演「複雑化するリスクから社会を守る—2020年、さらにその先の安全・安心な都市」のコーディネータをつとめます。 uf-iexpo.nec 大きな国際的イベントの…

『オレンジページ』2016/08/17号「暮らしのトリビア劇場」監修

雑誌『オレンジページ』2016年8月17日号のコーナー、「あななたち、まだ知らなくって!? 暮らしのトリビア劇場」で、監修という形で協力させて頂きました。 オレンジページ 2016年 8/17 号 [雑誌] 出版社/メーカー: オレンジページ 発売日: 2016/08/02 メデ…

毎日新聞「今週の本棚」マガジン評『MONKEY Vol.9』寄稿

本日の毎日新聞の「今週の本棚」にマガジン評(雑誌評)を寄稿しています。対象の雑誌はこちら。(麻)の一文字署名が入っています。 MONKEY Vol.9 短篇小説のつくり方 作者: 柴田元幸,村上春樹 出版社/メーカー: スイッチパブリッシング 発売日: 2016/06/15…

毎日新聞「今週の本棚」『才女の歴史』書評を寄稿

本日の毎日新聞の「今週の本棚」に書評が掲載されています。今週は大書評(いつもより文字数が多い)で書いてます。対象本はこちら。 才女の歴史―古代から啓蒙時代までの諸学のミューズたち 作者: マルヨ・T.ヌルミネン,Marjo T. Nurminen,日暮雅通 出版社/…

映画『アレクサンドリア』

仕事に関係あるので、『アレクサンドリア』を観賞。今はネット上で映画が購入できるので、楽になりましたね。 アレクサンドリア [DVD] 出版社/メーカー: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D) 発売日: 2011/09/09 メディア: DVD クリック: 12回 この商品を含むブログ (1…

毎日新聞「今週の本棚」書評掲載『気になる科学』

本日の毎日新聞に書評(短評なので、Webに掲載されず、(麻)の一文字署名です)が掲載されています。ぜひ本紙のほうで確認していただけたら。 対象本はこちらです。 気になる科学 (中経の文庫) 作者: 元村有希子 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2016/06…

毎日新聞「今週の本棚」書評掲載『おいしい数学』

2016/06/12付の毎日新聞で、書評が掲載されています。対象本はこちら。 おいしい数学――証明の味はパイの味 作者: ジム・ヘンリー,水原文 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2016/04/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る…

ビブリオバトルでの拙著『恋する天才科学者』

先日出版した 面白すぎる天才科学者たち 世界を変えた偉人たちの生き様 (講談社+α文庫) 作者: 内田麻理香 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/03/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る の元本である 恋する天才科学者 作者: 内田麻理香 …

メインWebサイトのURL変更

今まで、ウェブサイトのURLはwww.kasoken.comでしたが、サーバーを引越し、URLも変更しました。 http://www.marikauchida.com/ どうか今後はこちらでお願いします。 marikauchida.com ・今まではXreaで使っていたMovableTypeを使っていたのですが、1年くらい…

ソニー教育財団「子ども科学教育研究全国大会」講演

2016/11/18(金)に、ソニー教育財団が開催する「子ども科学研究教育全国大会」で講演をします。 www.sony-ef.or.jp 平成27年度、「ソニー子供科学教育プログラム」で最優秀に選ばれた、愛知県刈谷市雁が音中学校が大会委員となります。 プログラムは、先生…

東京大学大学院情報学環・交流研究員になりました

6月1日付で、東京大学情報学環の交流研究員になりました。受け入れてくださった教授は、石崎雅人教授です。 昨年よりは、東京に伺う機会も増えるかもしれません。どうぞよろしくお願いします。

『広辞苑第六版』アプリ

先日、岩波書店の「図書」の『広辞苑』特集で寄稿させて頂きましたが kasoken.hatenablog.jp そのあと、iPhone用のアプリも買いました。決して安くはありませんが、ここまで使い勝手が良いとは。 広辞苑第六版【岩波書店】(ONESWING) - Keisokugiken Corpora…

note、書いてます

note.mu どんなプラットフォームだろう、と思って書き始めました。 note.mu こちら200円。 note.mu こちら500円。 正直、値段つけるほどでもなかったかなー(特に「よしなごと」の方。読み放題だとしても高すぎるわ。もっとプライベートを晒せばいいのだけど…

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起』

bvc.bandaivisual.co.jp 早速観ましたよ−。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起』。これは文句なしに面白かったです。実は、「I」の頃はファンとして冷や冷やして観ていたのですが、この3回目にして「きたきた……」という感じは最高でした。 革命家で…

批判する書評の条件とは?

先日、毎日新聞の書評員の「書評パーティ」に行ってきた。あの方も、この方も! でテンション上がる。ただ、前回行ったときは、書評員になったばかりで場違いで小さくなっていたのですが、3年目ともなると、自分の書いた書評を読んで下さり、名前を覚えて下…

「あら浜」

何度お伺いしたかわからない、「あら浜」さんへ。このお店は、東日本大震災で被災して、仙台駅近くに移転したのですが、人気で今や3店舗出しているのかな? 場所によっては予約しないと難しいかもしれないですが、ここもぜひお勧めしたいお店です。 tabelog.…

毎日新聞「今週の本棚」書評掲載『絵巻とマンダラで解く生命誌』

本日の毎日新聞に書評が掲載されています。久々の大書評。対象本はこちらです。 今週の本棚:内田麻理香・評 『絵巻とマンダラで解く生命誌』=中村桂子・著 - 毎日新聞 絵巻とマンダラで解く生命誌 作者: 中村桂子 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2016/03…

「りんたろう」

「下見したいから、一緒に行って」と言われたので行ったのがこのお店(「りんたろう」)。はい、こんな下見ならば大歓迎です。 tabelog.com 来週から、昨年秋、オランダ・ユトレヒトでお世話になった先生がいらっしゃるので、その方の歓迎会用のお店の偵察で…

『ニコニコ学会βのつくりかた』刊行

私が12月に「ニコニコ学会β〜FINAL〜」セッションの座長をしたのですが、そのときの富野由悠季監督と瀬名秀明先生の対談が、『ニコニコ学会βのつくりかた』に収録されています。私は単なる座長(司会)ではありますが、登場しています*1。この奇跡の対談をキ…

『科学者の目、科学の芽』刊行

科学者の目、科学の芽 (岩波科学ライブラリー) 作者: 岩波書店編集部 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2016/04/23 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 岩波書店で編集された『科学者の目、科学の芽』に、私の拙文も掲載…

お花見

仙台のお花見の名所、榴岡公園で簡単なお花見。ここの公園は色々な種類の桜があるので、満開のもあれば、まだまだこれから…というものも多い。それでも見事でした。三脚持って写真撮っている人も結構いて。 ブルーシートで番をしている人がたくさんいたから…

毎日新聞書評「今週の本棚」寄稿『中谷宇吉郎 雪を作る話』『寺田寅彦 科学者とあたま』

本日発売の毎日新聞に、書評を寄稿しています。 内田麻理香・評 『中谷宇吉郎 雪を作る話』『寺田寅彦 科学者とあたま』 書評対象本はこちらです。 中谷宇吉郎 雪を作る話 (STANDARD BOOKS) 作者: 中谷宇吉郎 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2016/02/13 メ…

拙著『面白すぎる天才科学者たち 世界を変えた偉人たちの生き様』刊行

2007年に刊行された 恋する天才科学者 作者: 内田麻理香 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2007/12/20 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: 138回 この商品を含むブログ (32件) を見る が、講談社+α文庫として発売されました。文庫版、とはいえ、文章全体…