読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

『芸術新潮』1月号:江口寿史&ボッティチェッリ特集

芸術新潮 2016年 01 月号 [雑誌]

芸術新潮 2016年 01 月号 [雑誌]

 

  1月号の『芸術新潮』は、第1特集が江口寿史、第2特集がボッティチェリだ。現代の日本の美人画(美少女画)と、ルネッサンス美人画の名手の絵の対決である。

 江口寿史の描く美少女はひたすらうっとりするばかりで、同性が見ても不快に感じない。ああ、かわいいな、きれいだなと思うばかり。最近、地域興しとしていくつかの行政が、「美少女」(あえて括弧付きにする)を売りにしたイラスト、アニメを制作しているが、次元が違う。

 ボッティチェリの特集は、東京都美術館で1月16日から4月3日まで開催されている「ボッティチェリ展」にあわせたものだ。ボッティチェリの描く美人画も、おそらく同性が見ても素直に美しいと思うだろう。彼の描く美人画が、特にマリア像が「うつろな顔」をしていることを指摘している。なるほど。
 東京都美術館には、残念ながらかの有名な「春(プリマヴェーラ)」や「ヴィーナス誕生」はない。でも、「書物の聖母」などから、その塗料としての金使いの巧みさは感じられる。

 ボッティチェリ展の感想はこちらになります。

kasoken.hatenablog.jp