読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

レストラン " Terasa U Zlaté studně"

つれづれ

 プラハで最初に宿泊したホテル Golden Well Hotel にあるレストラン Terasa U Zlaté studně でディナー。

Home | Terasa U Zlaté studně

 このホテル自体がプラハ城のすぐ近くにあるため、このレストランの眺めは最高。風景も美味しさを構成するひとつですね。

IMG_0129

 日没の時間が遅いので、この明るさから夕暮れ、夜景へと至る時間もすてきでした。

 このレストランのシェフは、プラハ No.1 と言われるシェフ、Pavel Sapík 氏。なんでも、7世代続く料理人一家の出身だとか。意外性がありつつも、洗練されたお料理の数々を堪能しました。

 まずは前菜。チェコ料理は野菜が少ない、と聞いていましたが、これらに限らず濃厚な味の野菜が活かされていました。

IMG_0134

IMG_0136

 ロブスター。パッションフルーツのソースが合うのでびっくり。

IMG_0137

 フォアグラのテリーヌ。岩塩とベリーで濃厚さとさわやかさが最高のバランス。フォアグラという食材をそれほど良いと思ったことがなかったのですが、このテリーヌとこの組み合わせは初めて「おいしい!」と。

IMG_0138

 キノコのスープ。この少量ながらもどっしりしたスープ、スパイスが効いていて、ほんのり甘味もあり。

IMG_0140

 そろそろデザートかな? と思ったところにメインの肉料理。この鴨、鴨のはずなんだけど臭みがまるでない。さすが肉料理の国、肉の処理の仕方とか違うのでしょうか。これも岩塩が効いています。

IMG_0144

 見た目はなんてことのないシャーベットなのですが、パッションフルーツの味のあとに、ジンジャーの後味がしてこれまた驚き。甘いのに辛い! それなのにおいしい!

IMG_0146

 このデザートプレートは、全体でエスニック。タピオカとココナッツミルクのデザートを、組み立て直したような一皿でした。チョコレートソースもあるのに邪魔していない、しっかり調和している。

IMG_0149

 コーヒーをいただきながら、プチフール。見た目も可愛らしいですが、一つ一つがまた意外な味。奥のマカロンはハーブの味がするし、手前のトリュフもスパイスの味ががつんとして、ただ甘いだけじゃない。

IMG_0150

 チェコ料理か、と言われるとわからないけど(でも、キノコの濃厚スープとか、とにかく美味しいお肉とかはそれらしいのかな?)、意外性に満ちた料理ばかりで、驚きながらも楽しみました。でも、どれもこれも予想外な組み合わせなのに、しっかり調和しているのが素晴らしい。

 もしプラハにいらっしゃる方がいたら、全力でお勧め。予約は必須のようです。