読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

プラハ滞在ホテル "Golden Well Hotel"

つれづれ

 プラハで滞在した一つ目のホテルはこちら。

www.goldenwell.cz

 プラハ城近くの閑静な場所にある、"Golden Well" ホテルです。こちらはルドルフ2世の隠れ家として使われていて、のちに天文学者、ティコ・ブラーエに下賜されたというお屋敷を改築して作られたホテルだそう。

GoldenWell入り口

 エントランスからもう、隠れ家らしさ満点。

GoldenWell入り口看板

 エントランスにあるシンボル(見にくくてすみません)には、ホテルの名「黄金の井戸」の名前の由来である伝説が描かれているとか。その伝説とは、18世紀にプラハにペストが流行したとき、この井戸の水を飲んだ者はペストに患うことがなかった。のちに調べたところ、その井戸には黄金があり、その黄金が井戸の水を薬に変えていたとか。

(こちらの雑誌参照)

 ……あれ、この話、どこかで聞いたことが。藤田和日郎氏の『からくりサーカス』に出てくる「柔らかい石」と「アクア・ウイタエ」? うん、あの作品もプラハも舞台にしているし、錬金術もからくり人形も出てくるし、元ネタであってもおかしくない。

 

f:id:kasoken:20160906203941j:plain

 こちらは中庭。

f:id:kasoken:20160906041944j:plain

 フロント近くには、ルドルフ2世とティコ・ブラーエが仲良く並んでいます。

f:id:kasoken:20160906041934j:plain

 ルドルフ2世はハプスブルク家神聖ローマ皇帝ハンガリー王、ボヘミア王であった人物。政治的にはぱっとしなかったようですが、学問と芸術を愛好していて理解が深く、特に錬金術占星術天文学に傾倒して学者たちを世界各地から集めパトロンになっていたとか。錬金術占星術も、今では科学とは認められてはいませんが、当時は先端の学問であり近代化学や天文学の礎になったのですから、ルドルフ2世の功績は大きいでしょう。そのお気に入りの学者の一人が、天文学者のティコ・ブラーエ。

f:id:kasoken:20160906041926j:plain

 このホテルのスイートルームには二人の名前を冠した部屋があります。


 お部屋にあったティッシュボックスまでルドルフ2世&ティコ・ブラーエ推し。

f:id:kasoken:20160907170950j:plain

f:id:kasoken:20160907171006j:plain

 

f:id:kasoken:20160904034546j:plain

 お部屋の内装も華やかながら落ち着いていて、かつ機能的で居心地が良い……というか、この分不相応な環境に慣れてはいけない! という葛藤に闘いながらではありますが。

f:id:kasoken:20160906235853j:plain

 毎晩、枕元にはスイーツのサービスが。毎日違うものが出てきて、しかもおいしい。

f:id:kasoken:20160907005641j:plain

 滞在中に誕生日を迎えたので、サプライズでバースデーケーキをいただきました。中はムースのチョコレートケーキ。丁寧な手書きのメッセージ付きという心遣いも嬉しい。

 現実から遠く離れたような素敵な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。