読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

日本経済新聞「プロムナード」『透明な鎖』

 本日の日経夕刊、「プロムナード」欄にコラムが掲載されました。

(プロムナード)透明な鎖 内田麻理香 :日本経済新聞

 行ったコンサートは東芝グランドコンサート2015の仙台公演。

管弦楽:
トゥールーズ・キャピトル 国立管弦楽団
Orchestre National du Capitole de Toulouse
指揮:
トゥガン・ソヒエフ
Tugan Sokhiev
ソリスト
ユリアンナ・アヴデーエワ (ピアノ)
Yulianna Avdeeva


演奏曲目
ショパン : ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11  ( ナショナル・エディション )
Chopin : Piano Concerto No.1 in E minor Op.11  ( National Edition )
リムスキー=コルサコフ : 交響組曲 『 シェヘラザード 』 Op.35
Rimsky-Korsakov: Symphonic Suite "Scheherazade" Op.35

 トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団トゥガン・ソヒエフは、2年くらい前のウィーン楽友協会で聴きに行ったコンサートと一緒。その時は『展覧会の絵』でしたが、今回の『シェヘラザード』も、各パートの技術が高く、陽気でパワフルな指揮者との相性の良さが際立っていました。コンサートミストレスが前見たときも驚いたのですが、モデルのような美人さんでして。今回、「いかにもシェヘラザード……」とうっとり楽しませて頂きました。
 ピアノはショパンピアノコンクール優勝者のユリアンナ・アヴデーエワ。ダイナミックなショパン、そして彼女の演奏する姿もあわせてうっとりでした。

 そう頻繁には行くことは無理ですが、やはり生のコンサートは視覚という刺激も増えるだけに面白い。音も肌(触覚?)で感じることができるし。