内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

朝日新聞「論壇委員が選ぶ今月の3点」

 朝日新聞の論壇時評の欄で、「論壇委員が選ぶ今月の3点」が掲載されました。

digital.asahi.com

 私が選んだ〈科学技術〉の3点は以下の通りです。メモとともに紹介します。

黒川眞一・谷本溶「インテグリティの失われた被曝評価論文:宮崎早野第二論文批判」『科学』4月号

岩波『科学』の特集「ゆがむ被曝評価」の第3弾。特設サイトは以下。

雑誌『科学』 「ゆがむ被曝評価」特設サイト

 2月号では研究上の倫理的問題が、3月号では第1論文への批判が扱われた。第2論文は「除染には、個人線量低減効果があるとは明確にいえない」という結果が出されている。

 東大、伊達市の調査の結果等を待つ必要があるが、注目されるべき特集だと考える。

東大新聞の以下の記事も、宮崎早野論文の問題点をわかりやすくまとめている。

www.todaishimbun.org

木内岳志「「ノーベル賞がつらかった」田中耕一が初めて明かした16年間の“苦闘”」『文春オンライン』2019年3月26日

 「NHKスペシャル」のシリーズ「平成史スクープドキュメント“ノーベル賞会社員”~科学技術立国の苦闘~」第5回の内容の記事化になる。2002年(平成14年)にノーベル化学賞を受賞した田中耕一を取材した。NHKで放送された番組とセットでの評価で、この記事を取り上げた。

www.nhk-ondemand.jp

 平成の時代に日本のノーベル賞受賞者が多く生まれたが、それは昭和の遺産であること、そして現在は運営費交付金が減らされるなどの施策の結果、「科学技術創造立国」から離れつつあることが番組内で指摘されている。田中はノーベル賞受賞後、メディアとは距離を置きつつ研究を続け、アルツハイマー病の診断につながる測定技術を開発し、“Nature”に論文が掲載された。内閣府の「最先端研究開発支援プログラム(FIRST)」プログラムに採択され、若手研究者の雇用もおこない、いまも第一線の研究者・技術者として活躍している。番組とあわせて記事を読むと、田中の「二度目の成功」例が特殊であることがわかる。衰退しつつある日本の科学技術の問題を考えさせられる。

深澤真紀・松本俊彦・岩永直子「深澤真紀さん、松本俊彦さん薬物報道を斬る」(1)〜(5)、番外編『Buzz Feed News』

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/fukasawa-matsumoto-1

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/fukasawa-matsumoto-2

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/fukasawa-matsumoto-3

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/fukasawa-matsumoto-4

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/fukasawa-matsumoto-5

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/fukasawa-matsumoto-viking

 

 活発に依存症に関する啓発活動をしている、精神科医の松本俊彦と、コラムニストでテレビのコメンテーターもつとめる深澤真紀の対談シリーズ。薬物依存症に関しては誤解が多い(そして、偏見もともなう)。「厳罰より治療が必要なこと」「非犯罪化が薬物使用の低下につながっている」「暴力性との関連は、アルコール使用の方が大」などの、世の中での(現在における)正しい知識が行き渡っていないのが現状だ。医学者としての松本、精神疾患の当事者およびテレビのコメンテーターとしての深澤との対談の形式をとることで、正確な科学的知識を伝えるだけに止まらず、寛容な社会に向けた処方箋も提示するという、多くの人びとが共感・納得しやすいであろう優れた連載になっている。

毎日新聞『今週の本棚』『フェルメールと天才科学者』書評を寄稿

mainichi.jp

 毎日新聞の書評欄に『フェルメールと天才科学者』の書評を寄稿しています。

 

フェルメールと天才科学者:17世紀オランダの「光と視覚」の革命

フェルメールと天才科学者:17世紀オランダの「光と視覚」の革命

 

  同じ年に同じ都市(デルフト)で生まれた二人。フェルメールとレーウェンフックは友人同士だったのではないか? という説はたびたび耳にします。ただ、この二人が知り合いだったという決定的な史料は見つかっていないとのこと(状況証拠はいろいろあるのに)。ただ、本書の作者は二人が知り合いかどうかにはこだわらず、17世紀のデルフトで生きた二人が「見ること」の革命を担ったという共通点があるという軸を立てます。

 レンズという当時の最新機器が熱狂的に受け入れられ、レンズ等を通じて科学と芸術が融合していた時代を感じとることができるユニークな本です。

朝日新聞・論壇委員(科学技術)

digital.asahi.com 

 今年度から、朝日新聞の論壇委員をつとめることになりました。「科学技術」のジャンルを担当することになります。

 チェアは津田大介さん。各界のジェンダーギャップを解消しようと取り組む津田さんの意向で、この論壇委員のジェンダーバランスも3:3になっています。

 各委員が雑誌・インターネット等々の論考を読み込み、各々が自分の担当で注目する論考を持ち寄り、月1回の論壇委員会で議論する。それをもとに、津田さんがオピニオン欄で「論壇時評」を執筆する、という流れです。また、各委員はローテーションで「あすを探る」や「論×論×論」のコーナーを担当します。

 書評をお仕事にするようになってから、そこそこの年月は経ったかと思いますが、このような論壇を評する立場をつとめるのは初めてです。右も左もわからない状態ではありますが、精進しますのでご指導・ご鞭撻いただけますと幸いです。

『ライブラリー・リソース・ガイド』第26号・インタビュー記事掲載

  『ライブラリー・リソース・ガイド』(LRG)第26号の「司書名鑑」のコーナーで、インタビュー記事が掲載されています。サイエンスコミュニケーターとしての今まで、博士論文&これからの研究…と、あれこれ網羅した内容にしていただき、自分を振り返る良い機会となりました。

mainichi.jp

 毎日新聞川端裕人・本田公夫著『動物園から未来を変える:ニューヨーク・ブロンクス動物園』書評を寄稿。この本は「動物園論」(動物園の持つ力、課題、可能性)を語りながら、「ブロンクス動物園、すごい……こんなところがあるのか」「展示グラフィックアーツって? 面白い!」と最先端の動物園を見せてくれる。さらに、日本の動物園が抱える問題点(日本の動物園が、スタッフの「やりがい搾取」的な構造で成り立っている現状など)も教えてくれる。などなど、多種多様な魅力にあふれた本です。

 とにかく、読んでいて楽しい。そしてブロンクス動物園(は無理でもとにかく動物園に)に行きたくなる。おすすめです。

動物園から未来を変える―ニューヨーク・ブロンクス動物園の展示デザイン

動物園から未来を変える―ニューヨーク・ブロンクス動物園の展示デザイン

 

 

化学コミュニケーション賞2018:審査委員

化学コミュニケーション賞 | 一般社団法人日本化学連合

 化学コミュニケーション賞2018の審査委員をつとめました。以下の方々(敬称略)が受賞されました。おめでとうございます!

化学コミュニケーション賞2018(個人)

受賞者:谷藤 尚貴(米子工業高等専門学校

業績の表題:世界へ繋がる化学教育と地域活性化への展開

化学コミュニケーション賞2018 審査員特別賞(個人)

受賞者:田村 健治(東京都立産業技術高等専門学校

業績の表題:幅広い世代を対象とする化学実験講座の実践

化学コミュニケーション賞2018 審査員特別賞(個人)

受賞者:福田 俊彦(愛知県立惟信高等学校)

業績の表題:化学の好きな子どもを増やす社会貢献活動