読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

国立マリオネット劇場

アート つれづれ

 プラハでのオペラ3日連続鑑賞の最終日は、マリオネットでの「ドン・ジョバンニ」。

National Marionette Theatre – About Us

 チェコといえばマリオネット。マリオネットでオペラを演じるのはどんなものか、と興味津々で国立マリオネット劇場へ。

 この劇場は、オーストリア=ハンガリー帝国の支配下で、チェコ語の使用を禁止されていた時代に、唯一チェコ語を使って上演することが許されていたのがマリオネット劇だったとか。

 こぢんまりとした劇場ながら、歴史を感じさせます。チケットを予約していなかったので早めに行きましたが、上演時には満席。9月に入ってハイシーズンを過ぎていたから予約なしでも大丈夫だったのかもしれませんが、予約していた方が安心かもしれません。

IMG_0521

IMG_0522

  実は、正直それほど期待していなかったのですが、クオリティの高さに驚きました。子供も楽しめるコメディ演出にしているのですが、大人も唸る人形遣いの技。2時間は長いのでは? と思っていましたがあっという間。

【動画】クリックすると再生されます(注:音も出ます)。

マリオネット・ドンジョバンニ2

 人形遣いの人たちの、複数人の息の合った連係プレイもすごい。どの紐をどう動かしたらこんな動きになるんだ? と色々考えながらだから観ているだけでも忙しい&頭使う。上から人が動かすマリオネット、人形遣いの手の動きも含めて鑑賞に値します。

 そして、終盤に登場する石像になった騎士長がなんとゴーレム*1ユダヤ教の言い伝えにある動く泥人形)! ゴーレムはマリオネットではなく、人が入った着ぐるみです。

【動画】クリックすると再生されます(注:音も出ます)。

マリオネット・ドンジョバンニ

 チェコならではの演出だなあと。この国立マリオネット劇場もユダヤ人地区の近くにありますし。

 「ドン・ジョバンニ」の騎士長といえば、映画にもなった「アマデウス」のピーター・シェーファーの脚本にある「モーツァルトの亡くなったお父さん説」に、これまで頭が占められていましたが、この解釈はなるほどねえと唸る。

 マリオネット劇、チェコならではの素晴らしい文化ですね。何らかの制約があると、あるものが突出して発展する典型の一つかもしれません。

 そして、思わず藤田和日郎氏の『からくりサーカス』の白銀と白金のプラハでのこの場面が頭に浮かんでしまいました。

IMG_0145_01

からくりサーカス』15巻(藤田和日郎)より

  チェコのマリオネット文化に、すっかり夢中です。

*1:チェコのユダヤ人街で特にゴーレム伝説が有名な話は、黄金のプラハ―幻想と現実の錬金術 (平凡社選書)

に詳しいです。