読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

浦沢直樹展「描いて描いて描きまくる」

 世田谷文学館で開催されている、浦沢直樹展「描いて描いて描きまくる」をみてきました。

 マンガ家の個展はそこそこ増えているとはいえ(過去に他のマンガ家の展覧会も観てきた)、浦沢氏のような圧倒的な原稿の物量で「魅せる」展覧会は初めてです。
 

f:id:kasoken:20160124130109j:plain

 浦沢氏の代表作品の一巻分の原稿を展示。初期から修正(ホワイトを使う)ことがほとんどないことがわかる。そして、没になったネームも見て、マンガ家の試行錯誤の足跡がわかる。尊敬します、これを見ただけでも。マンガ家って、ひとり何役を演じているんでしょうね。
 この展覧会の本は市販されています。

 

 

f:id:kasoken:20160124131226j:plain

 1階には、浦沢作品の各キャラクターのパネルが。

f:id:kasoken:20160128232357j:plain

ケンヂとのツーショット。こんな機会があるならば、もっと着飾ってくればよかったー。

f:id:kasoken:20160128231155j:plain

 お布施もしてきました。でも「おかえり。」のクリアフォルダーとか、ヨハンの目のアップとか、使い途がわからん。とにかく自分で楽しもう。
 最近、浦沢直樹氏はマンガを描くだけでなく、NHKの漫勉とか、この展示とか

www.nhk.or.jp

 で、マンガをメタに見て、啓蒙活動に取り組んでいるように見える。そう思うと2倍3倍に楽しめる展示です。

 今回、浦沢直樹展関連企画「トーク『ひとり漫勉』」に申し込んで、ラッキーにも当たったので行ってきたのですが、このイベントの完成度も素晴らしかった。その話は別エントリーで。

 

 

kasoken.hatenablog.jp