読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

「第9回ニコニコ学会β〜FINAL〜」で座長

f:id:kasoken:20151219200006j:plain

 19日に開催された「第9回ニコニコ学会β」の第3セッションで座長を務めました。

第9回シンポジウム終了散開

niconicogakkai.tumblr.com

  タイムシフトでご覧になることができます。

第3セッション「科学へのアンビバレントな想い」

 座長として、富野由悠季氏と瀬名秀明氏のお二人のブッキングができたことでもう、役目は果たしたかなあーとか甘いことを考えていましたが、そうはいきません。当たり前です。アシスタントについて下さった、伊藤さんと渡邉さんの超強力なサポートのおかげで、なんとか当日までたどり着きました。

 あとは、富野監督と瀬名先生のおふたりのクレバーさに助けられました。
一応、クロストークの内容としては

・科学の業、科学者の業
・科学の発展で、人間性はどのように変わっていくのか
・発展する科学と、どう付き合うべきか

というぼんやりした難しいテーマを3つ用意したのですが、臨機応変にお話して下さって助かりました。さすが、科学やテクノロジーをテーマに扱って、作品を作り続けたクリエイターのお二人です。先を見据えたお話が伺えたと思います。事前の打ち合わせや、楽屋ではもっと放送事故になるような話になる? と冷や冷やしていましたが、さすがエンターテイナーでもあるお二人です(楽屋裏のトークは楽しかったんです。これは、関係者であることの醍醐味です)。

 ニコファーレという会場なので、全周囲画面を用意したのですが、リハーサル時、画像が重すぎて、パソコンのほうがダウンしてしまいました。スペックの高い渡邉さんのパソコンでなんとか対応できたのですが。
 (ナポレオンの絵で有名な)ダヴィッドのラヴォアジエ夫妻の絵とか、フェルメールの「天文学者」の絵も使ったので、こちらもお楽しみ頂けたらと。

f:id:kasoken:20151222123649j:plain

f:id:kasoken:20151222123935j:plain

 私の冒頭のセッション説明の画像も置いておきます(緊張しすぎて放送事故レベルで申し訳ない……)。

www.slideshare.net

 とにかく、登壇させていただいたのは嬉しく貴重な体験でした。どうもありがとうございます。富野監督、瀬名先生にお礼を申し上げるとともに、優秀すぎる運営の皆様、スタッフの方々にも感謝いたします。本当にありがとうございました。
 

f:id:kasoken:20151219120519j:plain

 最終回用の登壇者のロゼット、いろんな色が用意されていたのですが、紺色使わせて頂きました。富野監督は水色、瀬名先生は緑色でした。