読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

ゴッホ美術館(アムステルダム)

f:id:kasoken:20151105144306j:plain

 滞在はユトレヒトだったのですが、アムステルダムに行った間隙に、ゴッホ美術館に行ってきました。

www.vangoghmuseum.nl


 宮城県立美術館でも、ゴッホの一部の展覧会をしていましたが、これだけゴッホの作品を見ることができたのは貴重な機会でした。年代を追って見ていくと、ゴッホが晩年近くにどれだけ多作だったかよーーーくわかる。特に自画像。試行錯誤しながら自分を高めていったのがわかる。
 自画像も良いですが、やはり風景画が素晴らしいですね。神に愛された画家だったんだろうな……。筆使いとか普通じゃない。晩年のは特に狂気を感じる。


 あとで調べたら、ゴッホは父と叔父が聖職者で、自分もそうなりたかったらしいが、彼らとの関係のごたごたで、聖職者をあきらめたという。この場合、お父さんGood Jobです。「画家・ゴッホ」をよくぞ誕生させて下さいました。

 企画展では、ムンクとの比較として、双方の展示を並べていました。ムンクも感情を見つめ描く作家として、対比させるゴッホの作品を一緒に展示していました。ムンクの作品をあれだけ多く見たのは初めてで、こんなに上手な方だったのか、と驚きましたが。神に愛されたゴッホと比べると「秀才さん」のイメージは否めず。ある意味、残酷な企画展だったな……(もちろん、ムンクの絵も良いのですが)。

 ゴッホ美術館のつくり、運営、グッズ作りも今まで見た中で抜きんでていたなあと。まあ、普通はパンフレットとかポスターとか絵葉書くらいですが。ゴッホの絵を使った(しかも、アレンジした)服などもあり。犬服もあった。

f:id:kasoken:20151105153836j:plain

f:id:kasoken:20151105162713j:plain

 あとは、ゴッホのあの妙なジャポニズムを踏襲した、和服も売っていました。買えば良かったかなー。でも日本円で40万円くらい? せめて写真を撮ってくれば……と後悔。