読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

Eテレ『すイエんサー』シリーズ・DVD-BOX

 Eテレ『すイエんサー』シリーズのDVD-BOXのご紹介&宣伝。頂戴したのがかなり前なのに、今さらになってしまって申し訳ないです、関係者の皆様。自分が出演した映像を見るのは、気恥ずかしくて、反省だらけで、なるべく避けたい……と思っていたのですが、時間が経ってようやく冷静に見ることができました。そもそも、私のような一般人が市販されるDVDに収録されているって、有り難すぎるし、今後もないでしょう。改めてお礼申し上げます。

 謎の科学(?)エンターテインメント番組。視聴者の皆さんからお寄せいただく、日常生活の中で抱くちょっとした疑問や思いをテーマに、MCとゲスト、「すイエんサーガールズ」が体当たりで挑み、解き明かしていきます。皆さんも是非一緒に考えてください。

 『すイエんサー』は、生みの親の村松秀氏によって、その制作の背景も含めて書籍化されています。

女子高生アイドルは、なぜ東大生に知力で勝てたのか? (講談社現代新書)

 以前、こちらのブログでも紹介しました。

kasoken.hatenablog.jp

 映像版『すイエんサー』は、3シーズン(6巻×3セット)発売されています。テレビ番組、書籍、DVDいずれもサイエンスコミュニケーションのお手本として勉強になります。

  パイロット版&第1シーズンは、AKB48だったんですよね。私が「失敗の達人」として登場する回は

「イ」の巻

  • 必ず失敗するお料理キッチン! 中華あんかけ編
  • 必ず失敗するお料理キッチン! フルーツゼリー編
  • 必ず失敗するお料理キッチン! ケーキ編
  • 特典映像:必ず失敗するお料理キッチン! マヨネーズ編

 です。挑戦する女の子たちが台本なしでガチで挑戦、自分の頭でぐるぐる思考しながら正解を見つけ出すという、「科学のプロセス」を見せる番組スタイルは、このときから確立しています。

 あとで驚いたのが、パイロット版(特典映像の「マヨネーズ編」)で渡辺麻友さん(個人的にかなり好きなアイドル)と共演(?)していたこと。不覚すぎる(当時も可愛いなあとは思っていたけど。みんな)。

 ブレイク直前のAKB48のメンバーが科学の問題にチャレンジする姿を見ることができる、という意味でも貴重かも?

  こちらは第2シーズン。メンバーが、雑誌「ピチレモン」のモデルに交替になり、「すイエんサーガールズ」になりました。私が登場しているのは

「す」の巻:超ビックリ! こんな料理のスゴ技があったとは!?

  • たった1日だけで、2日目のおいしいカレーの味を作りた〜い!

「イ」の巻:「失敗の達人」が立ちふさがる!

  • 必ず失敗するお料理キッチン! オムライス編
  • 必ず失敗するお料理キッチン! 茶碗蒸し編
  • おもちをビヨ〜ンとできるだけ長〜くのばしたぁ〜い!
  • 必ず失敗するお料理キッチン! シュークリーム編

「エ」の巻:さあ! とにかくチャレンジしてこいや〜!

  • 頭がキーンってなっちゃうのをなんとかした〜い!!

 わたくし、「失敗の達人」がすイエんサーガールズたちに嫌がられているのが、ありありとわかりますね……。だって、収録時間が長くて帰るのがいつになるかわからなくなりますもの(彼女たちは、台本がないどころか、当日まで何のテーマかも知らされていない)。自分よりも2回りも年下の美少女たちに「また出たー」的に扱われるのは、なかなかキツいものがありますが、これもスタッフの皆様が上手くキャラを作って下さったおかげでしょう。

 このDVD-BOXの楽屋トークでも、すイエんサーガールズたちに「『失敗の達人』、登場するとき怖いよねえ」「『大失敗ですねえ』『どうでしょうねえ』ばかりで何も教えてくれない」とかあれこれ散々な言われようで笑いましたが、「でも、癒やし系?」「小動物系?」とかフォローも入れてくれました。みんな優しい。

 改めて見るとわかりますが、すイエんサーガールズたちが「閃いた」ときは、はっと表情が変わるんですよね。当然も当然。だって、実際に一生懸命考えているんだから。そのリアルな様子を見るから、視聴者も彼女たちと同じ気持ちになって、一緒に体験している気分になるのでしょう。

  こちらは第3シーズン。私が出ているのは

「イ」の巻:スイーツの超ワザに挑戦だっ!

  • マンガのようにふっくら分厚いホットケーキを焼きたぁ〜い!!

「ん」の巻:お料理の超びっくりなスゴ技に感激!

  • 必ず失敗するお料理キッチン! ハンバーグ編
  • メッチャ味のしみこんだおでんをカンタンに作りた〜い!!

 もう、この頃になると、すイエんサーガールズたちが番組を通じて鍛えられているので、挑戦する問題もハードルが高くなっています。収録のときを思い出して、私も「ごめんね……」という気分になってくるくらい、難しい。

 このシーズンでは、「東京大学とのガチンコ対決」が収録されていて、これに続く大学等への挑戦状シリーズの始まりを見ることができるのも貴重ではないかと。

 見直して改めて思うのは、このDVD-BOX、家庭や学校(小学校、中学校くらい)などにあると、科学教育の適切な教材になるのは確実(親子共に)。一時停止しながら「どう思う?」ってみんなで考えれば、すイエんサーガールズやAKB48のメンバーの悩む気持ち、最後の「わかった、嬉しい!」という喜びも一緒に体験できる。科学の醍醐味を味わうことができるはずです。

 

【追記あり】NHK「ニッポンのジレンマ」出演:11月1日(日)深夜0時〜

www.nhk.or.jp

f:id:kasoken:20151025134259j:plain

 11月1日(日)深夜0時〜、Eテレ『ニッポンのジレンマ』に出演します。テーマは「教養のジレンマ大研究」。です。教養とは何か、流行している「反知性主義」とはそもそも? などについてお話ししてきました。

 

MC:古市憲寿青井実アナウンサー

ゲスト:内田麻理香サンキュータツオ、先崎彰容、高橋真人
 「教養」が注目されている。
書店には関連本が並び、一種のブームのような状況だ。
教養としてもちだされるのは
歴史や古典、国際情勢から、プログラミング、プロレスまで、幅広い。

一方で、現代社会を読み解くキーワードとして最近流行するのが、
反知性主義」という言葉だ。

だが、社会の対立を「知性」「反知性」で語ろうとすると
避けては通れないのが、
自ら「知性がある」と言うほど、知的にみえなかったり、
自ら「知性がない」と言うほど、
じつは傲慢だったりするというジレンマだ。

いまニッポンの若者にとっての「教養」や「知性」とは何なのか?
そして、「知識人」の定義とは?
「知識人」は今、どこにいる?

秋の夜長の読書ガイドとともに個性的な本屋さんからお届けします。

 

 収録場所は、池袋の天狼院書店さん。本当に、ユニークなところで。収録のセットは、なんと(まだ時期が早い)こたつ。

f:id:kasoken:20151011132610j:plain

 出演者それぞれが、「教養になりそうな本」を持ち込んで。一冊だと教養にはなり得ない気がしますが、各人が持ち込むとそれっぽくなりますね。

【追記】

私が紹介した本はこちらです。

 

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた

 

 あと、放映には使われませんでしたが、教養人の姿として南方熊楠の本を紹介しました。

 

南方熊楠 - 日本人の可能性の極限 (中公新書)

南方熊楠 - 日本人の可能性の極限 (中公新書)

 

  うん、でもこれが取り上げられなかったのは正解だと今になって思います。南方熊楠のような鬼才、特殊な人を取り上げても仕方ない。誰もが教養人になれるはずだと思うので。

 あと、日本では「知性のない人」として誤った使い方をされている「反知性主義」ですが、こちらを読むとまるで違うことがわかります。元々は「権威と結びついた知性に反抗する」「お金になることを追及する」が、この言葉を使ったホフスタッターの意見。

 

アメリカの反知性主義

アメリカの反知性主義

 

  森本あんり氏の著作は、日本人にはわかりやすいです。反知性主義にはキリスト教のリバイバリズムが深く関わっていると解説されています。

 

反知性主義: アメリカが生んだ「熱病」の正体 (新潮選書)

反知性主義: アメリカが生んだ「熱病」の正体 (新潮選書)

 

  個人的には、科学を多くの人に伝えたいという米国的な意味での「リバイバイスト」になりたいと思いつつ、一方で象牙の塔にある学問も愛している。そのバランスをとっていきたいなと考えています。

『クイズプレゼンバラエティー Qさま!! 3時間スペシャル』出演

 3月2日(月)、19時〜の、『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』に出演しました。

クイズプレゼンバラエティー Qさま!!

 今回は、クイズ回答者ではなく「見届け人」という、クイズの解説をする立場です。収録のときにもほとんど役に立っていなかったのですが、私が実際にテレビで発言したのはほんの少し……、あとはただ映っているだけという。

 ただ、回答者の立場ではないのは、ただ楽しいです。あれは、足が宙に浮いたようになりますからね……。貴重な経験をありがとうございました。

Eテレ『ハートネットTV』「脳からの挑戦」コメンテーター出演

 ハートネットTVの「リハビリ・ケア新時代 脳からの挑戦」にコメンテーターとして出演しています。このシリーズの1−3回に出ています。いずれも本放送は終わっていますが、再放送があります。

ハートネットTV:リハビリ・ケア新時代 脳からの挑戦 - NHK福祉ポータル ハートネット

第1回「心の声を届けたい」

 では、ALS患者さんが、ブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)を利用して、自らの意思を伝えることを挑戦していることについて、です。所属している研究室で関わっていたので、BMIのことは少々知っていましたが、このような形……大事な人とのコミュニケーションにも役に立つと勉強になりました。

出演者インタビューも、ブログに掲載していただきました。

【出演者インタビュー】内田麻理香さん「BMIは人の尊厳を支えるためにも使える」

第2回「宿命の病に挑む」

 ピアノなどの演奏者を悩ます難病、フォーカル・ジストニアなどを脳科学から切り込み、さらに脳科学の観点から治療に挑む話などが番組におさめられています。

 ジストニア……真っ先に思い出したのが池田理代子の漫画オルフェウスの窓(1)だというのが我ながらアレですが*1、登場人物のイザークがプロのピアニストを諦めたのがこの病気か! と。演奏者の50人に1人が悩まされる病だとか。練習すればするほど、その病が悪化するという。この病も広く知られて欲しいです。多くの演奏者の方々を救うためにも。

【出演者インタビュー】内田麻理香さん「脳科学の可能性と課題について」

第3回「子どもの脳からのSOS」

 この回は、子どもの不登校の原因の第二位といわれる、睡眠障害についてです。大人が睡眠不足になったり、睡眠リズムが夜型でも仕方ない(これは番組中では放送されませんが)。でも、子どもの場合はまったく違う、という大きな示唆が得られます。子どもが睡眠障害に至る過程、そして治療が難しいこと……いろいろショックを受けました。文科省が推進している「食育」も大事だけど「眠育」も取り組まなければいけない深刻な問題なのでは? と。

【出演者インタビュー】内田麻理香さん「多くの社会的問題を脳科学で解明できれば」

 「ハートネットTV」では、福祉を科学の方面から切り込んだものは初めてだそうです。でも、脳科学だけでなく、ほかの切り口からも福祉に役立つ科学はありそうです。
 視聴者の方は、「脳科学って福祉に貢献する」と考える方と、「この程度じゃ私たちの大変さが変わらない」と考える方と二分されるかと思います。後者の方々に対しては、本当に科学は無力です。「いま」を改善できない。治療できない。根絶できない。私も、もどかしい想いです。
 ただ、今後の脳科学(脳神経科学)*2の進展に期待して頂けましたらと思います。

*1:打合せ場面で、ただ1人!女性プロデューサーの方が反応して下さった。

*2:2014年度のノーベル生理学・医学賞も脳科学でした。

再放送:「まるごと知りたい!AtoZ『おもしろ不思議! ニッポンの先端研究』」コメンテータ出演

 先日、出演した番組が再放送が決まりました。

BSプレミアム 6月21日(土) 午後1時30分〜午後3時30分 「まるごと知りたい!AtoZ『おもしろ不思議! ニッポンの先端研究』」
 今まで出させて頂いた科学系番組のなかで、1,2,3……?を争うくらい、出演者としても内容の充実した面白い番組でした。ご都合がつきましたらぜひご覧下さいませ。

技術立国ニッポンを支えてきた最先端の“研究”の数々。おもしろくて不思議な研究成果や世界に誇る最先端研究の紹介、そして日本の研究者が直面する課題に迫る。
技術立国ニッポンを支えてきた最先端の“研究”の数々。それは日本人に勇気と活力、そして豊かさを与える源となってきた。そんな世界に誇った日本の研究だが、最近では、理科離れや研究費の削減など、研究所を取り巻く環境が厳しくなりつつある。またSTAP細胞の問題では、研究システムのあり方や姿勢が問い直されている。おもしろくて不思議な研究成果や世界に誇る最先端研究の紹介、そして日本の研究者が直面する課題にも迫る
【司会】関口宏,【出演】伊集院光,菊川怜,コドプロス・ディミトリス,とよた真帆,内田麻理香,平松和彦,稲見昌彦

NHK BSプレミアム『まるごと知りたい!AtoZ「おもしろ不思議! ニッポンの先端研究」』コメンテーター出演

 5月31日(土) 19:00-21:00に放映される、関口宏さん司会のNHKのBS『まるごと知りたい!AtoZ「おもしろ不思議! ニッポンの先端研究」』に出演します。

技術立国ニッポンを支えてきた最先端の“研究”の数々。おもしろくて不思議な研究成果や世界に誇る最先端研究の紹介、そして日本の研究者が直面する課題に迫る。
技術立国ニッポンを支えてきた最先端の“研究”の数々。それは日本人に勇気と活力、そして豊かさを与える源となってきた。そんな世界に誇った日本の研究だが、最近では、理科離れや研究費の削減など、研究所を取り巻く環境が厳しくなりつつある。またSTAP細胞の問題では、研究システムのあり方や姿勢が問い直されている。おもしろくて不思議な研究成果や世界に誇る最先端研究の紹介、そして日本の研究者が直面する課題にも迫る

 日本の科学技術が、江戸から最新の話まで、がんがん登場します。私がコメンテーターとして出演したのですが、関口さんやゲストの皆さまが詳しくて、「私、いらないんじゃない?」状態ではありましたが、たいへん興味深い内容になっていると思います。突っ込んだ科学技術ネタから、楽しいもの……そして、いま直面している日本の科学研究の課題まで。

 もしよろしければぜひご覧下さい。

クイズプレゼンバラエティーQさま!! 2時間スペシャル 出演

 
プレッシャーSTUDY2014 激突!東大軍団vs京大軍団 超アタマいい現役学生も参戦!2時間SP

 2014年2月3日(月) 19:00 〜 20:54 に出演予定です。
 東大軍団のほうで。地理の知識が圧倒的に弱く、ガンダム見過ぎでベルファストジャブローがどっちが実在の土地? と混乱しているくらいなので、やはり私はクイズ番組には向きませぬ……。ほかの優秀なメンバーに助けていただきました。こういうチームプレイって楽しい・有り難いですね

 ただ、嬉しかったのは、研究室でひとつ後輩だった中野信子さんとご一緒&再会できたこと!

 これは!嬉しい。単に学科が一緒だっただけではなく、研究室が一緒の方なんですよ。中野さんにはほんと助けられました。こんなハッピーがあった嬉しいお仕事でありました。

 中野さんのブログで素敵な文章を書いていただきました。まさにその通りです。
l'esprit d'escalier レスプリ・デスカリエ | 15年ぶりの再開