内田麻理香ブログ:KASOKEN satellite

ブログというかお仕事日記というか身辺雑記というか。

サイエンスコミュニケーション

『サイエンスコミュニケーション』 vol.8 No.1 掲載

サイエンスコミュニケーション Vol.8 No.1 作者: 日本サイエンスコミュニケーション協会 出版社/メーカー: 日本サイエンスコミュニケーション協会 発売日: 2018 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 日本サイエンスコミュニケーション協会誌『サイエ…

長野市民教養講座『文明史における科学・技術と社会変動』講師

長野市民教育講座『文明史における科学・技術と社会変動』で、講師をつとめてきました。 カシヨ株式会社【企業情報】─長野市民教養講座─ 私のお話ししたテーマは「科学の発展と、科学離れ」。科学(と技術)が発展すればするほど、私たちの世界から遠く離れ…

『100年後の世界』(化学同人)刊行記念トークセッション・登壇

鈴木貴之氏『100年後の世界』刊行記念のトークセッションで、お相手をつとめさせていただきました。 www.kagakudojin.co.jp 鈴木先生の所属は総合文化研究科。(案内文の肩書きは学部と大学院で違っていましたが)私と同じ職場の先生でもあります。科学哲学…

放送大学・集中講義

14日(土)、15日(日)は、放送大学の面接授業(集中講義)で非常勤講師のお仕事でした。場所は東北大学の金属材料研究所内にある、宮城学習センター。「民主主義社会における科学」という科目で、私は科学コミュニケーションに関わる部分を担当しました。 …

東京大学の特任講師になりました

4月1日付で、東京大学大学院 総合文化研究科 教養学部附属教養教育高度化機構 科学技術インタープリター部門の特任講師に着任しました。科学技術インタープリター養成部門は、東京大学の大学院生向けの副専攻プログラムで、科学と社会の架け橋となる人材を育…

『科学を伝え、社会とつなぐ:サイエンスコミュニケーションのはじめかた』国立科学博物館編(丸善出版)

ご恵贈御礼。日本国内の、最新のサイエンスコミュニケーションの入門書に相当するでしょうか。 科学を伝え、社会とつなぐ サイエンスコミュニケーションのはじめかた 作者: 独立行政法人国立科学博物館 出版社/メーカー: 丸善出版 発売日: 2017/09/29 メディ…

毎日新聞:今週の本棚『世界一美しい数学塗り絵』書評寄稿

12月18日(日)の毎日新聞に、『世界一美しい数学塗り絵』の書評が掲載されています。 今週の本棚:内田麻理香・評 『世界一美しい数学塗り絵』=アレックス・ベロス、エドマンド・ハリス著 - 毎日新聞 対象本はこちらです。 世界一美しい数学塗り絵-宇宙の紋…

毎日新聞「今週の本棚」『2016 この3冊』 

www.instagram.com 平成28年12月11日(日)の毎日新聞に、書評員が「今年の3冊」を選ぶ恒例の企画に寄稿しました。今回は、どこの書評にも寄稿できなかった本(タイミングが合わず……などの理由で)を3冊選ばせて頂きました。 有名人の違法薬物使用に関するニュ…

科学技術社会論・柿内賢信記念賞(実践賞)受賞

2016年度の科学技術社会論・柿内賢信記念賞(実践賞)を受賞しました。この柿内賢信記念賞は、「科学・技術と社会の問題」に関する研究・実践的活動を行う個人に贈られるもので、科学技術社会論学会が毎年選考・表彰するものです。 2016年度の受賞者は、 特…

Eテレ『すイエんサー』シリーズ・DVD-BOX

Eテレの『すイエんサー』シリーズのDVD-BOXのご紹介&宣伝。頂戴したのがかなり前なのに、今さらになってしまって申し訳ないです、関係者の皆様。自分が出演した映像を見るのは、気恥ずかしくて、反省だらけで、なるべく避けたい……と思っていたのですが、時…

カールスルーエ工科大学

ドイツのカールスルーエに行ってきました*1。 ここにあるカールスルーエ工科大学(KIT / Karlsruher Institut für Technologie)は、ドイツ最古の工業大学で、工学系ではドイツいちとの評価があるらしい。その名門カールスルーエ工科大学(KIT)の見学ツアー…

チェコ国立博物館

プラハのヴァーツラフ広場といえば、プラハの春やビロード革命の舞台となった場所。そのヴァーツラフ広場の端に、国立博物館があります。 この国立博物館、チェコ最大の総合博物館で、本館は19世紀末に建造されたルネサンス様式の建築物で国の文化財にも指定…

ビブリオバトルでの拙著『恋する天才科学者』

先日出版した 面白すぎる天才科学者たち 世界を変えた偉人たちの生き様 (講談社+α文庫) 作者: 内田麻理香 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/03/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る の元本である 恋する天才科学者 作者: 内田麻理香 …

東京大学大学院情報学環・交流研究員になりました

6月1日付で、東京大学情報学環の交流研究員になりました。受け入れてくださった教授は、石崎雅人教授です。 昨年よりは、東京に伺う機会も増えるかもしれません。どうぞよろしくお願いします。

「第9回ニコニコ学会β〜FINAL〜」で座長

19日に開催された「第9回ニコニコ学会β」の第3セッションで座長を務めました。 第9回シンポジウム終了散開 niconicogakkai.tumblr.com タイムシフトでご覧になることができます。 第3セッション「科学へのアンビバレントな想い」 座長として、富野由悠季氏と…

科学技術社会論学会(STS学会)で発表

科学技術社会論学会(STS学会)第14回年次研究大会・総会(2015年度)で、「コミュニティをつくる科学コミュニケーション」というお題でセッションを立て、発表してきました。 お願いした発表者は、江渡浩一郎氏、岡本真氏。ディスカッサントに八代嘉美氏。…

オルゴール博物館(ユトレヒト)

宿泊したホテルの近くにあった、ユトレヒトにあるオルゴール博物館、たいへん面白かった。この手の博物館は大好きです。 www.museumspeelklok.nl ユトレヒト大の先生たちが「あれはいい」と絶賛されていたのもわかる。教会を改装して作った博物館(フレスコ…

書評という「お仕事」

書評という仕事を承ったのは、いつだったろうか。2010-2012年あたりかな。そして、有り難いことに、2013年から、毎日新聞から書評員としてお仕事を頂戴した。あ。でも、子供向けであれば、もっと前からしていたのではず。もちろん、手を抜いていたわけではな…

銀をぴかぴかにする方法

銀のアクセサリーは、手軽なのにきれい。でも、すぐ錆びてしまって、黒くなってしまうから使い勝手が悪い。 でも、そんな銀のアクセサリーを簡単にきれいにする方法があります。銀製品ならばどれも同じ。 ・容器を用意する・アルミホイルを敷く・きれいにし…

東北大学「科学コミュニケーション」集中講義

7月17日(金)ー7月18日(土)に、東北大学理学部、本堂毅先生のもとで、集中講義をさせていただきます。 このうち、「科学と文化、科学と私たち」(17日(金)16:30ー)に関しては、どなたもご参加が可能です。ご興味のある方は、hondou(あっとまーく)mail.s…

実験用品は、どこまで食器として許容される?

先日、理系バーができたことが話題になっていた。 インキュベータ (四谷三丁目/ワインバー)tabelog.com これに対して「行ってみた、面白かった」「楽しそう」 四谷三丁目にある理系バーに注目集まる!! これはある種の中二病ココロをくすぐるね?togetter.com…

科学が特等席にいた時代

京都国際マンガミュージアム - えむえむwww.kyotomm.jp 行ったのは数年前になるが、京都にある国際マンガミュージアム。開架で5万冊はあるわ、常設展示も充実しているわ、企画展示も楽しい……と、京都に行った際はお勧めしたい場。 カフェには庭があり、観光…

広報とは:東京都写真美術館

東京都写真美術館 - 東京都写真美術館ニュース別冊「ニァイズ」が面白くて、一気読み。都立の美術館がここまで挑戦できるのかと思うと、ひたすら感心してしまいます。 画像は、子供向けの出張授業のお話(2015年3月の)。全編通じてこの低温っぷり(カレー沢…

チームラボ「学ぶ!未来の遊園地」

チームラボの「学ぶ!未来の遊園地」に行ってきました。日本科学未来館の、ではなく仙台で開催している方。「踊る!アート展」を見ることができなかったのは残念ですが、それでも十分楽しかった。すごいなチームラボ!! 科学館などの、子供向けの、インタラ…

北海道大学CoSTEP10周年に寄せて「CoSTEPのエートス」

北海道大学の高等教育推進機構 高等教育研究部に設置されている科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)の10周年に書かせていただいた拙文が、ウェブでも掲載されました。貴重な機会をありがとうございました。 3.11の2日後に開催される予定で幻と…

第7回ニコニコ学会βシンポジウム

「ニコニコ学会β」と懇親会から帰還。「研究100連発」でご活躍されたみなさま、みーんな良い表情。発表も素敵でした。「難しいがおもしろい」「わからないがおもしろい」って大事ですね。 関係者の皆さま、今回の参加にあたってご協力して下さった方々皆さま…

科学技術社会論学会@大阪大学

今週末は科学技術社会論学会(STS学会)@大阪大学でした。運営の皆様、たいへんお疲れ様でした&ありがとうございました。STS学会は毎度至れり尽くせりで有り難い限りです。もちろん内容も充実しておりました。来年は東北大学です。私も参加する予定です。…

美と科学

化学反応の美麗なムービーや美しい化学構造を集めて化学の「美」を伝える「Beautiful Chemistry」gigazine.net この手のものを見ると「科学と美」ってなんだろう?と思ってしまう。元は化学出身なのに、これを見ると(結晶する過程以外)気持ち悪いと思って…

オープンスペース2014@ICC

ICC ONLINE | オープン・スペース 2014 | 展示作品 今回の上京、ICCの「オープン・スペース2014」も見てきました。ICC行くのは何年ぶりかわからないのですが、堪能しました。 特に、《大きな耳をもったキツネ》、無響音の部屋で、真っ暗で、ただ音を聞かされ…

「美少女の美術史展」青森県立美術館

行ってきました、青森県立美術館の「美少女の美術史」展。「少女の美術史」でも良かったと思うけど、タイトルとしてはこちらのほうがキャッチーですから、納得です。 とにかくいろいろ勉強になりました。ただただ可愛い子の絵を見に行きたい……という気持ちは…